偽性女性化乳房手術偽性女性化乳房手術

偽性女性化乳房手術偽性女性化乳房手術

乳腺の肥大がなく、皮下脂肪が増えただけの偽性女性化乳房(ぎせいじょせいかにゅうぼう)の場合は、細長い吸引管(吸引カニューレ)を用いて、脂肪を吸引除去する治療で改善します。


当院の日帰り女性化乳房治療について

女性化乳房治療女性化乳房治療

  • 脂肪吸引する範囲に目印をつけ、手術台に仰向けに横になります。
    手術準備が完了したら、静脈麻酔を行ないます。
  • ワキの下とワキ腹から2~3mmの吸引管(カニューレ)を挿入して脂肪を吸引します。
  • 脂肪を吸引するにつれて、徐々に胸の膨らみが平坦になっていきます。
    胸が平らになるまで脂肪を吸引し、手術終了です。吸引管を入れた傷は縫合が必要でない場合もあります。
  • 吸引が終了したら、腫れ予防のガーゼを載せて圧迫固定します。
    麻酔を覚ます薬を注射するとすぐに目が覚めるので、少し休憩すればそのまま帰宅できます。
    圧迫固定をしている間は、胸の下であればシャワーで洗えます。
  • 手術の2~3日後に圧迫固定を外したら全身シャワーで洗えます。
    シャワー後に胸専用サポーターをつけ、胸を圧迫固定します。
    1週間後からは入浴もできるようになります。
    サポーターは1ヶ月間継続します。
  • 抜糸をする場合は1週間目に行ないます。
    これ以後の通院は不要ですが、ご希望によりいつでも無料で診察します。

偽性女性化乳房手術の料金

手術方法 料金(税別) 手術時間
脂肪吸引法 35万円(税別) 約30分
乳腺脂肪切除法 20万円(税別)〜60万円(税別) 約60分
脂肪吸引法+乳腺脂肪切除法 55万円(税別)〜90万円(税別) 約90分


モニター症例写真公開モニター症例写真公開

このような症状も治療できます
洋服から透ける乳首が気になる方はこちら 乳輪の大きさやふくらみが気になる方はこちら
洋服から透ける乳首が気になる方はこちら 乳輪の大きさやふくらみが気になる方はこちら


その他診療案内はこちら 写真をもとにドクターが診断!
ページの上へ