乳輪縮小術乳輪縮小術

乳輪縮小術乳輪縮小術

乳輪の大きさが気になる場合は、乳輪の皮膚を部分的に切除縫合して、乳輪を小さく修正できます。単純に切除して縫合すると術後に再び乳輪が大きくなったり、傷痕が目立つようになったりする場合があるため、皮下で巾着縫合を行ないます。

乳首の付け根で縮小する方法と、乳輪の縁に沿って縮小する方法があり、患者様の状態とご希望に応じて適した方法を選択します。
術後の傷は乳輪の境目にまぎれてしまうのでほとんど目立ちません。
もし左右の形や大きさが違うなどの場合も、バランスを整えることができます。
手術によって乳首の感覚が麻痺したり、傷痕が目立ったりする心配はありません。

中肉中背、もしくは痩せているのに、乳輪周囲だけが膨らんでいる症状についてのご相談を比較的多くお受けします。
この場合は乳輪縮小術で乳輪を縮小しても膨らみは減らず、逆に傷痕だけが目立ってしまう場合があります。


乳輪縮小術について

手術は局所麻酔で行うことができる簡単なもので、 所要時間は60分ほどです。
麻酔注射の痛みがご不安な場合は、笑気麻酔(リラックス麻酔)や静脈麻酔を併用して痛みがない状態で行なうこともできます。

手術後は1週間、患部をガーゼで保護します。手術当日だけ患部を濡らさないようにし、 翌日からガーゼを外してシャワーもできます。
手術1週間後に通院して抜糸します。抜糸後から入浴ができます。


乳輪縮小術

乳輪縮小手術の料金

手術方法 料金(税別) 手術時間
乳輪縮小 40万円 約60分

モニター症例写真公開モニター症例写真公開

このような症状も治療できます
洋服から透ける乳首が気になる方はこちら
洋服から透ける乳首が気になる方はこちら


その他診療案内はこちら 写真をもとにドクターが診断!
ページの上へ